Statement

Our philosophy
スローガンディバータはなにを大事にしているのか。
ただしく、たのしく。
理念ディバータはどんなことをやりたいのか。
つくりたいモノをつくって、
よろこんでもらうよろこび。
  1. まずは、自分がテクノロジーを面白がってたのしみながらモノをつくろう。
  2. そして、自分が作ってみたいと思う自分にしかできないモノをつくろう。
  3. その上で、広く長く、たくさんの人によろこんでもらえるモノをつくろう。
行動指針ディバータはどんな会社でありたいのか。
Defeat dilemma.
前例のないことをやろうとしたり、 より高い理想を追い求めたりすると、 ジレンマにぶつかることがある。
けれど、その壁を受け入れて、 たのしみながら超えていく会社。
ロゴマ一クのコンセプトは、「多様性」と「遊びゴコロ」です。オモチャ箱から飛び出した多様な形をした積み木で社名の頭文字である「D」を表現しています。
ロゴマ一クの力ラ一には、遊びゴコロを色で表現する「原色」を使用してます。
原色は、加法混合の光の三原色で組み合わせるとどんな色もつくることができ、かつ、互いに独立している色であり、多様性を大切にするディバ一夕の想いを力ラ一で表現しています。
Q&A
Q.
「正しい」というのはどのような基準で判断するのですか?
難しい質問ですね。何が正しいのか常に問い続けながら仕事をするというイメージでしょうか。明確な基準は作れないと考えています。恐らく、間違えることもあるでしょう。あなたと違う基準であることもあるでしょう。それでも適宜、軌道修正(システム用語的にはリファクタリングでしょうか)をしつつ正しくありたいという心持ちを表現しています。
Q.
楽しく仕事をするというのはどのような意味ですか?
まず、「楽をする」という意味ではありません。会社としては、個々が仕事を楽しめるようなビジネスモデル、事業戦略、組織戦略を考えていきますし、個人としても仕事を前向きに楽しむ気持ちを持って取り組んで欲しいと考えております。
Q.
dilemmaって何ですか?
ジレンマのことです。Wikipediaでは「俗に、相反する二つの事の板ばさみになって、どちらとも決めかねる状態。」とあります。 Defeatは打ち倒すというような意味があります。 企業活動をしていると、様々な判断においてジレンマがあると感じております。これをどう乗り越えていくかが面白いとも思っており、その点を表現しております。
Q.
なぜ多様性が大切なのですか?
大切というか、多様性があった方が面白いなというのが最初にあります。また、知的好奇心というのは社員に持って欲しい大事な要素なのですが、それは画一的な環境では刺激が少なくなっていくと思います。 そして、社員が長い年月働くことを想定するのであれば、様々な人生のステージや価値観の転換があるはずです。画一性が必要な会社ではそうなった時に困るのではないかと考えています。 ビジネスにおいても、これだけ技術の進化が早ければ技術を中心とする会社においても多様性がないことは大きなリスクになります。 その為、多様性を許容するような会社・ビジネスを作るように心がけています。
Q.
この内容を実践できているのですか?
こうありたい。何かあったときにはここに立ち返りたいという意図を持って策定しております。 全ての場面、すべての社員がこれを実践できているとは考えていませんが、少なくともこの方向性を向いていたいと考えています。
Q.
ステークホルダーに対しては何かないのですか?
まずは、自分たちがどうありたいかを定義したものですので、ステークホルダーの方達に向けてのものはありません。ただし、それはステークホルダーの方達を軽視するという意味ではなく、正しくステークホルダーの方達に向き合うという行動で示せればと考えております。
Q.
数値目標などはないのですか?
特にありません。数値目標は手段としては利用しますが、本質的ではないと思っているので、少なくとも現時点で数値目標を持つことはありません。